地区別教授者研究会

1964(昭和39)年に始まった「地区別教授者研究会」は、小原流について知識と技術の両面から学ぶことができる歴史ある研究会です。全国8会場にて開催され、毎年約2,000名が支部を越えた研鑽の場で技術を磨いています。


一日のスケジュール

1.筆記試験(30分)

開会式の後、まず筆記試験。

試験に備えて学ぶことで、いけばなの歴史や理論に関する知識を深めることができます。

①筆記試験.jpegのサムネイル画像

2.瓶花(50分)

花材は当日まで非公表。

下稽古なしで、級を越え、全員が同じ花材でいけこみます。

②瓶花2.jpg

3.盛花(50分)

昼食後、盛花のいけこみ。
一日お弁当つきでいけばな三昧に過ごせることも、地区別教授者研究会ならではの楽しみです。

2022年度からは盛花の寸評があり、研究院指導者から作品についてコメントをもらうことができます。

③盛花.jpgのサムネイル画像

4.講評・表彰式

瓶花・盛花の審査を小原流研究院指導者が一作ずつおこない、最後に一日の総評をします。
その後、成績優秀者・皆勤賞受賞者の表彰がおこなわれます。

⑤表彰式.jpgのサムネイル画像

取得した成績によって 研修課程Ⅰ期 が免除されます

資格進級の年数が短縮されます (詳しくは教授者手帳をご覧ください)

--- 資格進級例 ---
資格進級図.jpg

2021年度 募集要項

参加資格 三級家元教授以上の方(現在申請中も可)であればどなたでも参加できます
実 技 2作(瓶花・盛花 各1作) 花材は当日発表します
筆記試験 地区別教授者研究会テキスト より3問出題
出題範囲:「技法と表現」「取合せ」「小原流史・いけばな関係事項」
参 加 費 7,700円(花材費・昼食費・消費税込み)
申込み方法 申込用紙は支部にご請求ください。支部には開催日の約3ヶ月前にお届けします。必要事項を記入のうえ、参加費を添えて支部に申し込んでください。
個人でお申込みの場合は、申込み用紙と参加費を同封し、現金書留でお送りください。

申込み用紙ダウンロード

--- 2021年度 開催日程はこちら ---

開催日程 

地区 会場 開催日 申込み締切
北海道(札幌) 北海道自治労会館 中止(7月4日(日) ) 受付終了
東北(青森) はまなす会館 中止(8月22日(日) ) 受付終了
東北(仙台) フォレスト仙台 3月6日(土)・7日(日) 受付終了
関東信越(東京前期) 東京・小原流会館 4月17(土)・18日(日) 受付終了
関東信越(東京後期) 東京・小原流会館 11月6日(土)・7日(日) 受付中
関東信越(静岡) 静岡商工会議所

4月4日(日)

受付終了
近畿中部(名古屋) ウィルあいち 中止 (5月30日(日)) 受付終了
近畿中部(大阪) 大阪・小原流研修会館 中止(5月15日(土)・16日(日)) 受付終了
中国(岡山) 岡山商工会議所 4月25日(日) 受付終了
四国(高松) レクザムホール 7月25日(日) 受付終了
九州(福岡) 福岡商工会議所 10月9日(土)・10日(日) 受付終了

 ご自身の所属地区の開催日に都合がつかない場合は、他の地区での参加も可能です

 2022年度からは札幌・青森・仙台・東京(前期・後期)・大阪・岡山・高松・福岡にて開催

2020年度 花材取合せはこちら

2020年度 優秀賞受賞者一覧はこちら

2020年度 筆記試験の問題と解答はこちら

2020年度 写真花はこちら

お問い合わせ


研究事業課 instagram
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6
TEL : 06-6245-0851
FAX : 06-6245-0862
Email : kenkyu@ohararyu.or.jp
受 付 :月~金 9:0017:00(祝日除く)