学校関係の皆さまへ

小原流学校教授者連盟

小原流いけばなを学校で学ぶ

【小原流 学校教授者連盟】正課・クラブ活動のご案内

学校教授者連盟.png"いけばな"とは、その時に出会う花材との一期一会の芸術です。枝の流れや葉の向き、花の色目といった様々な情報を精査し、時に枝を切り、葉を捌き、自問自答と決断を繰り返しながら作品を構築しなければなりません。自分自身と真摯に向き合い、心を確かめながら作業を続けることは、まさに"人生を生きる"ことと同じではないでしょうか。"小原流いけばな"の世界に触れることが、若い皆さまの未来に役立ち、心豊かな日々お過ごしいただく一助になれば、これほど幸せなことはありません。学校での導入をお考えの場合、近隣の小原流講師をご紹介することが可能ですので、ぜひこの機会に、小原流いけばなの採用をご検討ください。

小原流学校教授者連盟とは

800sashikomi.pngいけばな小原流では、日本全国の学校を対象にした【小原流 学校教授者連盟】を組織しています。この学校教授者連盟は、いけばなを通じて生徒の情操教育に貢献し、生徒間のコミュニケーションを深め、日本の伝統文化である【いけばな】の楽しさを伝えることを目的に設立され、現在、約800の学校教授者連盟登録校(保育所・幼稚園・小学校・中学校・高校・短大・大学・専門学校)に、授業(正課)やクラブ活動(必修・課外)において、小原流いけばなを採用いただいております。レッスンでは、小原流のカリキュラムに基づき、一般のいけばな教室と同じ内容のお稽古をおこない、お免状の申請には学割制度を設けているうえに、進学・就職の折に資格欄に記入することも可能。希望者には修得レベルに応じた許状も発行いたします。

学校教授連盟加入のメリット

●初めて小原流を採用された学校に花器等を寄贈いたします

【正課授業として導入される場合】
→小原流制定花器「エンジェル」・「銀杏型剣山」・「鋏」を必要に応じて寄贈 名称未設定のデザイン.png
【課外活動(クラブ)として導入される場合】
→小原流制定花器「エンジェル」・「銀杏型剣山」を各10個寄贈

名称未設定のデザイン.png



●小原流月刊誌「挿花」を毎月学校宛に寄贈いたします

600挿花画像.png






















●卒業時に記念品を贈呈いたします

●お免状の申請の際、学生・生徒の皆さんを対象にした割引制度がございます

小原流 学校いけばな競技会について

競技会.png

年々規模を拡大し、2019年は全国から1,000名以上が参加!

1988(昭和63)年、大阪にて7校44名の参加で始まった「学生いけばな競技会(主催・小原流本部)」は、小原流いけばなを学ぶ学生(中学生~大学・専門学校生)が、日頃の稽古の成果を発揮する場として、2017年より全国地区に拡大して開催しています。2019年は全国9地区にて、合計1,000名以上が参加して実施されました。2020年は新型コロナウイルスの影響により中止、もしくは規模を縮小して開催しましたが、今年度は5月より全国9地区での開催を予定しています。

今年度のスケジュール



お問合せ




いけばな小原流

学校教授者連盟に関するお問合せ
一般財団法人小原流 学校教授者連盟
〒541-0056大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6
Mail:gakkou@ohararyu.or.jp 電話:06-6245-0850