HOME > 小原流について > カリキュラム

カリキュラム

小原流いけばなには、たくさんの表現方法があります。それを段階的に身につけていただくために、次のようなカリキュラムをもうけて、全国どこでも同じ水準の技術を習得できるようにしています。

  • たてるかたち

    たてるかたち

  • 盛花傾斜型

    盛花傾斜型

  • 写景盛花

    写景盛花

  • 入門

    約3ヶ月(8単位)

    いけばなをするうえで前提となるお花の扱い方や、花材の選び方を学びます。
    そして「たてるかたち」「かたむけるかたち」といったシンプルな型をいけることで、少ない花材数でも美しくいけられる技術が身に付きます。なお、この課程で学ぶ知識や技術は、小原流いけばな全体の基礎となります。

  • 初等科

    約3ヶ月(16単位)

    小原流が創始した「盛花(もりばな)」を学びます。
    盛花とは、どのような花材でもその個性(草花の立ち姿や花木の四方に広がる枝ぶりなど)を生かしたまま、水盤(底の浅い平らな器)に表現できる花型です。
    初等科では、花材の個性をつかみ、いけ分けるためのテクニックが身に付きます。また入門で学んだかたちを展開して、より華やかな表現もできるようになります。

  • 本科

    約6ヶ月(16単位)

    小原流では、水も作品を構成する大切な要素となります。本科では、器の水面に枝を渡らせる「盛花観水型」を学び、水と植物の関係を意識します。また「七宝(しちほう)」という、剣山とは異なる花留も使い始めます。
    そして、盛花の3花型(直立型、傾斜型、観水型)を学んだことをふまえて、小原流ならではの美しさを表現する「様式本位」にも触れます。

  • 師範科一期

    約6ヶ月(16単位)

    剣山や七宝などの花留を用いずに花瓶に花をいける「瓶花傾斜型」「瓶花直立型」を学びます。
    そしてこの課程では、さまざまな「留め木」の技術を身に付けます(留め木には、切り落とした枝を利用します)。花の持つ趣を損ねることなく、器の形状や花型に応じた留め方で、花瓶に花をいけられるようになります。

  • 師範科二期

    約6ヶ月(16単位)

    盛花を繰り返し学び、基本が身に付いたところで「写景(しゃけい)盛花様式本位」に触れます。
    写景盛花とは、自然の景観を水盤に再現する、小原流独自の表現です。この課程を終えると申請できる資格「准教授」を取得すると「小原流の基本を伝える技術」が認められ、いけばなの先生として教室を開くことも可能となります。

  • *1回のお稽古で1単位取得できます。
  • *各資格の所定単位を取得すると、先生を通じて次の課程に進める許状を申請できます。
  • *師範科二期の修了後は、准教授から一級家元教授まで、7つの資格を段階的に取得することができます。