『小原流挿花』バックナンバー

2018年12月号817号

  • 挿花
  • 「花材別 基礎から学ぶいけばな講座」花材1より

    「花材別 基礎から学ぶいけばな講座」花材1より

晒れ木のある風景
  • ・晒れ木 今・昔 文/由水幸平
  • ・晒れ木の風景を巡る いけばな/菊池瑞月
  • ・晒れ木を求めて

・いどむ(139)
 コニファーをいける 小原宏貴
・花春秋 II(117)
 
 冬の陽 金森厚至
・行ったり来たり(60)
 機上にて 小原宏貴
・日本史の旅人(120)
 白河藩と芭蕉 海野 弘
・空のとおくへ(12)(最終回)
 空と会話をしてみませんか 増田雅昭
・わたしの街にいける(12)
 延岡支部×延岡城跡・城山公園
・女性といけ花(24)(最終回)
 戦後の台湾と韓国のいけばな 小林善帆
・Musée des Fleurs(9)
 中村岳陵《裾野の朝》 伊東 工
・フラワーズコンテンポラリー(342)
 「オーストラリア原産の花材」
ドライアンドラ・フォルモサ、ゴールデンカスケード、バンクシア・コッキネア、グレビレア‘アイバンホー’、エミューフェザー、ミューレンベルギア
・花まわり
◇鎌倉みちくさ歩き(12)(最終回) 新しいはじまり 佐々木知幸

◇植物が登場するアートたち

◇彼女を食卓に誘って(24)(最終回) 「ふわふわのパンケーキ」 中山暢子

◇読書のおと(60) 『信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻+杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ』

◇いけばななるほどクイズ(168)


 ・花展レポート

 ◇滋賀支部創立45周年記念花展

 ◇旭川支部創立70周年記念花展

 ◇第10回四国地区青年部合同作品展

・イベントお便りピックアップ

 郡山、小山、武蔵野、町田、浜松、下関、富山、岐阜支部
・はさみのおとのページ
◇バックステージ!いどむ

◇鎌倉みちくさ歩き クリスマス編

◇日本史の旅人ガイド

◇読者のQ&A
 「小原流には、深江制作場と宮前平制作場というところがあるそうですが、
具体的には何をしているところですか?

・告知板

・Book in Book
花材別 基礎から学ぶいけばな講座 小見山峰泉
◇今月の表現/瓶花
◇花材1(花意匠)/ユーチャリス
◇花材2(盛花・瓶花)/石化柳
ビギナーズのためのいけばなポイントレッスン(60) 宮原尚美
◇花意匠の展開「まわるかたち」
◇After The Lesson―レッスンを終えて
花の歳時記(9)
 水仙 馬場琰珠

お問い合わせ

■「小原流挿花」について
毎月1日発行 定価669円(税込・送料無料)※10冊以上は割引
単本・定期購読(半年/1年)のどちらも可能
■バックナンバーの購入について
最新号より3年前の号まで(完売の号もあります)。
2014年3月以前の号は誌面に表示の定価に拘わらず、定価669円(税込・送料無料)
■購読お申込・お問合せは
事業部 出版事業課
TEL 03-5774-5844 FAX 03-3407-3728
E-mail shuppan@ohararyu.or.jp

インターネットから申し込む