『小原流挿花』バックナンバー

2018年10月号815号

  • 挿花
  • 「花材別 基礎から学ぶいけばな講座」花材1より

    「花材別 基礎から学ぶいけばな講座」花材1より

特集

スパイス航路をゆく
  • ・世界を動かしたスパイス 文/栗山保之
  • ・歴史香る世界のスパイス料理 文/遠藤雅司
  • ・世界のスパイス植物をいける いけばな/廣田 聡

・いどむ(137)
 秋草をいける 小原宏貴
・花春秋 II(115)
 
 秋色の記憶 守下 篁
・小原宏貴 TALK+TALK(35)
 横井 悠(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 学芸員)
・行ったり来たり(58)
 平成最後の夏 小原宏貴
・日本史の旅人(118)
 吉良上野介のふるさと 西尾市吉良町 海野 弘
・空のとおくへ(10)
 紅葉の色付きは天気が決める 増田雅昭 
・わたしの街にいける(10)
 多賀城支部×円通院
・女性といけ花(22)
 戦時下のいけ花 小林善帆
・Musée des Fleurs(7)
 草間彌生《幸福の住処》 岩田佳川
・フラワーズコンテンポラリー(340)
 「鉢ものの観葉植物」
サラセニア・プルプレア、ジュエルオーキッド、ペペロミア・カペラ―タ‘ニューピンクレディー’、カラテア・ロセオピクタ‘ドッティ’、カラテア・ルフィバルバ、ヒメウチワ
・花まわり
◇鎌倉みちくさ歩き(10) 青、さもなくば紫 佐々木知幸

◇植物が登場するアートたち

◇彼女を食卓に誘って(22) 「洋梨と木の実のカレー」 中山暢子

◇読書のおと(58) 田中 徹『花の果て、草木の果て』

◇いけばななるほどクイズ(166)


 ・花展レポート

 ◇マイ・イケバナ2018

 ◇第1回全国青年部野外研修

・イベントお便りピックアップ

 八戸、浦和、伊勢志摩、京都、大阪、福岡、銚子支部
・はさみのおとのページ
◇バックステージ!いどむ

◇鎌倉みちくさ歩き 資料編

◇日本史の旅人ガイド

◇読者のQ&A
 2018年3月号『花展レポート』(40・41ページ)にて、小原宏貴家元が出雲大社へ献花された記事がありました。
献花の際に使用する花材や花器は、出雲大社から指定されたものですか?

・告知板

・Book in Book
花材別 基礎から学ぶいけばな講座 米山美砂子
◇今月の表現/琳派調いけばな
◇花材1(花意匠・盛花)/栗
◇花材2(瓶花・花意匠)/さるとりいばら
ビギナーズのためのいけばなポイントレッスン(58) 宮原尚美
◇花意匠の展開「ひらくかたち」(正面性)
◇After The Lesson―レッスンを終えて
花の歳時記(7)
 八千草 児玉やよい

お問い合わせ

■「小原流挿花」について
毎月1日発行 定価669円(税込・送料無料)※10冊以上は割引
単本・定期購読(半年/1年)のどちらも可能
■バックナンバーの購入について
最新号より3年前の号まで(完売の号もあります)。
2014年3月以前の号は誌面に表示の定価に拘わらず、定価669円(税込・送料無料)
■購読お申込・お問合せは
事業部 出版事業課
TEL 03-5774-5844 FAX 03-3407-3728
E-mail shuppan@ohararyu.or.jp

インターネットから申し込む