トピックス

  • 2019.01.24
    【NEW!】日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」今週のスタジオ作品
    小原流では、日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」へ美術協力としてスタジオ挿花をしています。
    毎週変わるスタジオのお花に是非、ご注目ください(写真は、今週の作品です)。

    ※上記タイトルをクリックすると「Oha!4 NEWS LIVE」のサイトを開きます。
  • 2019.01.15
    【NEW!】根津美術館 家元作品展示のご案内
    日本・東洋古美術の広いジャンルにわたる作品が所蔵されている根津美術館にて『茶室で楽しむ椿のこころ-「百椿図」によせて-』と題し、家元が作品を展示します。お近くにお寄りの際は、ぜひご観覧ください。

    会期:平成31年2月15日(金)~2月17日(日)10時~16時
       ※ただし、17日(日)は15時まで
    場所:根津美術館(東京都港区南青山6-5-1)弘仁亭・無事庵(庭園内茶室)
    公式サイト:http://www.nezu-muse.or.jp/

    ※事前申し込みは不要ですが、入館料が別途かかります。
    ※同時開催企画展「酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり」
    ※上記タイトルをクリックすると「根津美術館 イベント情報」のサイトを開きます。
  • 2019.01.04
    【NEW!】月刊誌「小原流挿花」2019年1月号が発売中!
    今月の特集 水引 ―心を結ぶ―
    ●人びととの大切な思いを結ぶ 文・写真/吉田忠正
    ●水引細工をより身近に お話/中村江美
    ●ゆらぎの美 いけばな/松浦友香 伊藤彰子 

    水引はもともと神様にささげものをするときの作法として始まったとされ、室町時代のころ、上流階級の間で贈りものをするときに用いられるようになりました。この習慣は、やがて一般の人びとの間にも広まり、冠婚葬祭に欠かせないものとなりました。心を込めて水引を結ぶという行為には、自分の大切な思いを包み、その思いが相手に伝わるようにという願いが込められています。金と銀、赤と白、金と赤など、シンプルな線がつくりだすさまざまな造形美は、日本人の心の究極な表現といいえるでしょう。

    担当:編集課
    定価:669円(本体619円)
    ※上記タイトルをクリックすると、購読ページを開きます。
    ※会員でない方でもご購入いただけます。
  • 2018.12.03
    第3回宮城地区・学生いけばな競技会の結果を掲載いたしました!
    2017年より全国8か所に拡大開催された学生いけばな競技会。定員を大きく上回るお申込みをいただいた東京地区は、今年度より関東地区と東京地区に分け、2日間開催いたしました。
    ※上記タイトルをクリックすると、特設ページを開きます。

    担当:広報課
  • 2018.11.06
    小原宏貴 初のオリジナル作品集『NOVUS PLANTS 奇想の植物』発売中!
    今年30歳を迎えた家元が、たくさんの花と触れ合ってきた中で、考えてきたこと、見えてきたものとは。
    対話を通して、植物たち本来の姿やメッセージを読み取り、組み合わせ、変化させることで生まれた、「NOVUS PLANTS(ノウス・プランツ)=新しい植物たち」を写真に収めた、初めてのオリジナル作品集が出来上がりました。

    ※上記タイトルをクリックすると「小原宏貴公式サイト」を開きます。