6月5日(火)~6月5日(火)

カナダ水球女子代表チームへのいけばな紹介

東北/盛岡支部/ホテルメトロポリタン盛岡

盛岡市が2020東京オリンピックでカナダチームのホストタウンに決定している関係で、6月5~11日まで水球女子カナダ・日本代表チーム合同合宿を実施。盛岡市が「この機会に日本文化を体験してもらいたい」と岩手華道協会に依頼し、6月5日両国選手の会食終了後に小原流 盛岡支部 支部長と副支部長が同支部会員のスティーヴン コーラー氏を通訳に携えデモンストレーションを披露。友好の意味をこめカナダの国花『楓』と盛岡市の市花『燕子花』など季節の花々で琳派調いけばなをいけましたが、初めは座っていたカナダの選手たちが、「一緒にいけたい!」と立ち上がる嬉しいハプニングもあり、すぐに打ちとけ楽しく挿花することができました。完成した作品に歓声をあげ大喜びしたり「こんな素晴らしいいけばな初めて」と感動している日本選手の姿が印象的でした。後日、谷藤 裕明 盛岡市長からお礼の言葉もいただき、大変嬉しく思いました。