6月23日(土)~6月24日(日)

華さかいわ いけばな展 第13回 ~はな・ひと・であい~(グループ展)

関東信越/新潟支部/西新潟市民会館1階ギャラリー

13回目を迎えた新潟支部のさかいわ地域に住んでいる先生7名とその生徒さんによるいけばな展。今回は、合作を除く全作品を≪白い器≫にいけてみましたが、大勢の方が「涼しそうですね」と声をかけてくださいました。また偶然にも夏の燕子花の7株挿しの作品が2作あり、「同じような水盤に、同じ花が、同じようにいけてあるのはなぜですか?」と何人かの方から同じ質問をされました。小原流には花の組合せである【取合せ】の決まりごとや、より自然に美しく見せるために、様式化された【挿法】があることなどをお話したところ、「すきっとしてきれいですね。」「奥が深いものなんですね。」などの感想が聞かれました。いろいろな方とお話をすることで、「はて?どうしてだろう?」と考える機会がたくさんあり、「より一層研鑽を積みたい」とあらためて感じることのできた2日間となりました。