いけばな小原流は、全国約800校(保育所・幼稚園・小学校・中学校・高校・短大・大学・専門学校)で授業(正課)やクラブ活動(必修・課外)に採用いただいており、流内に「学校教授者連盟」を組織していけばな教授者を派遣し、情操教育と文化活動の一翼を担っています。日本の伝統文化【いけばな】を通じて「創造力」「やさしさ」「おもいやり」の心を伝え、ひいては「国際文化交流」に役立ち、心豊かな日々お過ごしいただく一助になれば、これほどうれしいことはありません。
 
お免状の申請には学割制度を設けているうえに、進学・就職の折に資格欄に記入することができ、近年では「いけばなを学ぶことで行儀作法が身についている」と高い評価を受けています。
 
日頃のお稽古の成果の発表の場として、また他校との交流の場として「学生いけばな競技会」も開催エリアを徐々に拡げ各地で開催するなど、小原流は全国でのいけばな活動を支援しています。
学校などの教育機関でのいけばな導入を検討しておられる方は、こちらをご覧ください。